ホームページ付属ブログQ&Aでは、お客様からいただいた

ご質問に対する回答を匿名でご紹介することにします。

  以下、ブログ記事です。

Q 血圧降下剤・高脂血症剤・精神安定剤を飲んでいて、体調が思わしくないです。

 

A 更年期以降の女性が、体調が思わしくないと感じて、お医者さんにかかると、検査された上で、たいてい次の3点セットで薬が処方されます。
1.血圧降下剤 
 体に不安を感じている状態で血圧を測ると、その緊張から血圧が20程度は上がってしまいます。よって、高血圧と診断され、薬が処方されるのです。
 そうでなくても、「白衣性高血圧」といって、医院で測ってもらうと、身構えてしまい、同様の結果になりなりがちです。
2.高脂血症剤
 更年期に差し掛かれば、コレステロール値は上がります。血液検査すれば、基準値を超えることが多くなります。よって、脂質異常症状と診断され、薬が処方されるのです。
3.精神安定剤
 更年期はホルモンバランスが崩れます。これによって、精神状態が不安定になります。よって、精神安定剤が処方されます。なお、自覚症状が不眠だけであれば、精神安定剤の一種である睡眠導入剤が処方されます。

 

 中高年女性は、これらの薬を飲み続けさせられ、定期検診を受け、「異常なし」の判定をいただいたものの、体調が良くなるどころか、かえって以前より悪くなることが多いです。

 さて、かかりつけのお医者様から処方されている、この3点セットを飲み続けていいのか、ですが、対応の仕方がけっこう難しいですね。


 「もう、いりません」と言えば角が立つし、飲み続けては健康をより害するのではないかと不安になるし…といったところでしょう。
 もっとも簡単な方法は、「いただいたお薬はきちんと飲んでます」と言いながら、全部捨ててしまうことです。ずるがしこいお年寄りがよく採る方法です。
1.血圧降下剤について
 血圧計を買ってきて、自宅で、精神的にも肉体的にも安静な状態のときに計測するのです。これが正しい血圧です。これで、上が150(場合によっては180)までなら、全然心配いりません。
 (詳細は、このホームページの「高血圧」の記事をご覧ください。)
 なお、医学書などには、「家庭の血圧計は数値が低く出がちだから20足すこと」などと書いてありますが、そんないい加減な血圧計は不良品であって医療機器の許可がおりる訳がなく、決してこのような高血圧患者を作らんとする策略にはまってはなりません。
 ところで、何かで緊張し、血圧が異常に高くなることが往々にしてあります。そうしたときの備えとして血圧降下剤を持っていると安心できますから、全部は捨てずに少量持っているといいでしょうね。
2.高脂血症剤について
 更年期以降の女性は飲む必要は全くありません。飲めば毒になるだけのことです。全部捨ててしまいましょう。
 (詳細は、このホームページの「コレステロール」の記事をご覧ください。)
3.精神安定剤について
 精神安定剤は即効性です。これを毎日飲み続けるのは、完全な精神病患者だけであって、一般の人は、「お守り」として持っているだけとすべきです。
 当店では、市販薬の精神安定剤をお売りすることがあるのですが、「効能書き通りに飲んではダメです」と、お話しています。ストレスなり精神不安なりに、まずは自力で立ち向かって、どうにもならないときに助けを借りるだけにしておかないと、精神力はどんどん落ちてしまうからです。
 なお、ストレスなどへの立ち向かい方は、真っ向から受け止めるだけではなく、うまくいなすという方法や別のものに注意を向けるという方法もありますから、ケースバイケースで対応することになります。
 以上のような対応をすべきでしょう。
 そして、1か月、2か月が経っても、何ら体調に異変が感じられないとなれば、お医者さんに、こう言えばいいでしょう。
 「ここのところ、運動を心がけたり、楽しいことがいろいろ続いて、体調が良くなりましたし、定期検診の結果もさほど悪くないようですから、血圧降下剤と高脂血症剤は、しばらくの間、なしにしていただけませんでしょうか。精神安定剤もまだ残っていますし。」
 ウソも方便です。お医者さんにとって、処方箋料が入らなくて残念でしょうが、患者さんが元気になってくれれば嬉しいでしょうから、プラスマイナスゼロでしょうし、今後も定期検診には来てくれると思うでしょうから、「じゃあ、今回は薬を出さないでおきましょう。」とすんなりいくのではないでしょうか。なお、その後は、定期検診も「行くのを忘れていました。」とでも言って、行ったり行かなかったりにすればいいのです。
 上手にお医者さんを使うことにしましょうよ。
 ところで、貴方は和漢薬「命の母」を飲んでお見えですが、これはホルモンバランスを整えてくれる、副作用のない薬ですから、飲み続けても問題ないです。もっとも、即効性はありませんから、効き始めるまでに1か月はかかるものと思ってください。そして、体調がよくなったら、飲む必要はないです。
 滋養強壮薬(健康食品を含む)も同様の飲み方で良いです。
 マルチビタミンを飲んでおみえですが、ビタミンはまず欠乏することはなく、不足するのはミネラルですから、マルチミネラルに切り替えられた方がよいです。
 以上、ご相談に対する回答とさせていただきます。

 

0 コメント

メタボに引っ掛かると就労できないとは!

 2、3日前に、50代の女性からメールで相談を受けました。
 パート先の健康診断で昨年に続き脂質異常症と診断され、その会社の就労規則では、1項目でも引っ掛かると、医師から就労可能という書類にサインをいただかないことには再契約してもらえないとのこと。
 こんなむごいことをする会社があるとは。
 相談内容は次のとおり。

 昨年は、ある病院でサインをもらったものの、後日、血液検査を受けることを約束すれど、これをすっぽかしたがため、今年は他へ行くしかなく、別の開業医に行ったら、大変なことになった。
 ①医師から、ものすごい剣幕で「コレステロールを高くする卵は食べちゃいかん」と叱られた。
 ②コレステロール降下剤を処方され、ひどい副作用が出た。
 ③1か月後に血液検査を受けろと言われ、それに従ったところやはり、結果はアウト。
 ④やっと就労可能という書類にサインをいただけたが、副作用を告げると、別の薬を処方され、これもかなり副作用が出る。

 来年の会社の健康診断が今から気になり、どうしたらよいか、という相談です。
 先ずは、この医師、高コレステロールと卵に因果関係が全くないことをご存じない、やぶ医者。
 この方のコレステロール降下剤を1か月飲んだ後の値は、HDLコレステロールが適正値(119)より3割強高めで、境界域を突破しています。薬を飲む前の値は聞いていませんが、もう少し高かったことでしょう。
 でも、本来の基準値は186ですし、日本人間ドック学会が2年前に出した数値も183で、これよりは1割低く。何ら問題はないのです。
 女性は更年期を過ぎればコレステロール値が急激に上がることは医者なら知っているはずで、現行の基準値が間違っているのも分かるはずです。
 しかし、やたらと薬(毒)を盛る日本の医者。コレステロール降下剤にあっては、世界生産量の6、7割を日本人が消費させられ、それも更年期過ぎの女性に集中しています。
 厚労省、医師会、製薬会社がグルになって毒を盛り続けるという、世界に例のない日本です。
 こんなことが許されていいのか!!
 加えて、一般の企業までもが、毒を飲まなきゃ雇用しないと言うのですから、たまったものではありません。

 さて、相談を受けたものの、なんとアドバイスしていいやら。
 ご本人もおっしゃっておられましたが、理解あるお医者さんを探すしかありません。
 はたして、そのような良きお医者さんが見つかるかどうか、小生も祈るしかありません。

0 コメント

LDLコレステロール値が269でも薬を飲まなくていいですか

Q:60歳台女性

 55歳くらいに高コレステロールと診断され、コレステロール降下剤を飲み始め、4年くらい飲んだ頃から気持ちが沈み始め、飲むことをやめていました。気持ちがだんだん明るくなって前向きになってきたのを実感していました。

 今年、60歳を過ぎたので人間ドックを受けたところ、高コレステロールと高血圧で引っかかり、総コレステロールが355という数値に医者がびっくりして、すぐに病院に行って降下剤を飲みなさいと言うことでした。

 それで、以前、処方してもらっていた病院で、結合型のコレステロールに効くゼチーアを処方され飲み始めました。

 人間ドックでの検査結果でLDLコレステロール269の数値が1ヶ月降下剤を飲んたことで、悪玉コレステロール値が144に下がりました。

 しかし、気分は落ち込み気味で、体が重く、胸に何かつかえた感じで咳が出てきます。それで、薬を飲むのをやめようと思っています。

 LDLが269というのは、やはり高すぎるのでしょうか?

 

A:

 総コレステロールが355とか、LDLコレステロール269とか、とんでもない数値だと、お医者さんのみならず貴方もビックリされたことでしょう。

 でも、ご安心ください。降下剤で下げる必要は一切ありません。

 日本脂質栄養学会は「高LDLコレステロール値は長寿の指標」であり「各種疾患予防にLDLコレステロール値の低下を目標としない」と言っています。

 また、既に何年も前に米国の医師会が更年期過ぎの女性にコレステロール降下剤を使うべきではないとの指針を示しています。

 ですから、コレステロールの検査は無用ですし、何も対処しなくていいのです。

 と言いますのは、日本脂質栄養学会も米国の医師会も、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞の主な原因は別のところにあり、血液中のコレステロール値との因果関係はないことがだんだん分かってきたからです。

 それらの疾患を予防するには、肥満解消、動物性食品の摂取を減らす、適度な運動をする、ストレス解消法を身に付ける、といった生活習慣改善しかないことも同時に判明してきています。

 よって、貴方の場合も、降下剤を飲んでいるときの健康状態と止めているときの健康状態を勘案すると、飲むのは止め、これが正解となります。安心して、お止めください。


 

 


 

0 コメント

痛風と子供の頃からの扁桃腺炎に苦しむ

Q:50台男性(少々メタボ):電話での相談

 2年前から痛風で医師より治療薬を処方されている。子供の頃からの扁桃腺炎がひどく、年に4回は風邪を引き、医者にかかれば必ず手術を勧められる。長年の痔にも悩まされており、過去に肺を手術したり、などなど色々な疾患も経験した。これは、免疫力が落ちているからかもしれませんが、何か良い方法はないでしょうか。

A:口呼吸されておられませんか。(→イビキがすごい、との返事)

 やはり口呼吸が原因で、扁桃腺炎がひどくなっていると思われます。そして、口呼吸が原因で雑菌の体内侵入を許し、低体温になっていることでしょう。

(→けっこう汗かきでもあるのですが、との返事)

 では体温は何度ぐらいですか。(→この前は35.8度)

 やはり低体温ですね。午前10時に測るのが基本ですから、測って確認してみてください。欲を言えば36.5度ほしいところです。

 痛風もたいていの方は低体温です。その他の疾患も低体温で免疫力が落ちているから罹りやすいといえます。

 低体温を解消するには、何よりも口呼吸を改めることです。日中は意識して息は鼻から吸うこと、寝る時は濡れマスクを口に当て鼻から息が吸いやすいようにし、無意識で口から息を吸ってもマスクで雑菌の侵入がかなり防げるでしょう。保湿器の導入をお考えのようですが、喉の粘膜の乾燥をどれだけかは防げますから、いいことです。

 今のお仕事に変わってからは、ちょくちょく体を動かされているようですが、十分に体を動かせは体熱生産が上がり、日中の低体温からの脱却ができましょう。ただし、あまり重労働をすると口呼吸になりますから、鼻で息ができる程度の労働に止めることです。

 低体温からの脱却方法は別立てブログの「冷え」で幾つか書いていますので参考になさってください。

 なお、免疫力アップの漢方薬か何かをお求めのようですが、まずは低体温を改善する人参製剤をお勧めします。漢方薬局や漢方薬を多く置いておられる薬局薬店にご相談されるといいです。

0 コメント

脳梗塞再発予防の薬を飲むのを止めてよいか

Q:50台半ばの男性。

4年前に脳梗塞を患う。以後、降圧剤と血液凝固阻害剤を毎日飲んでいる。

これらを飲み続けるのは体に良くないのではなかろうか。

スパッと止めて問題ないか。

安全な漢方や健康食品に切り替えたい。

(当方からの質問への返答)

脳梗塞になったときは、仕事が激務で強いストレスがかかっていた。

病後、仕事をどれだけか軽くしてもらったが、かなりの残業をこなしている。


A:降圧剤はスパッと止めた方がいい。念のため、血圧測定し、180までなら大丈夫。若いから、高血圧が元で血管が破裂する恐れはないと考えて良い。

今後、仕事で強いストレスがかかったとき、血液凝固の危険性がどれだけかはあるから、血液凝固阻害剤は残しておき、そのような事態になったときに頓服で服用すると良い。

脳梗塞再発防止のため、動脈の大掃除をしてくれる丹参製剤と、末梢血流を改善する銀杏葉エキスの両方を紹介。


(質問者からのご報告)

医者の薬を止めた翌日、仕事仲間から「今日は何だか生き生きしてますね」と言われた。

おすすめの漢方と健康食品を飲み始めたら、ふらつき感がなくなり、疲労感も減った。体がぽかぽかしてきて体温が上がってきたようだ。食欲も増した。

ぐーんと健康になった気がする。


(私の感想)

ここまで劇的に効果を感じていただける例は珍しいです。

これは、今まで降圧剤によって血流が阻害されていたし、そして血液凝固阻害剤て低体温になっていたからでしょう。

これらから解き放たれ、血流を大改善する漢方と健康食品の力でもって、一気に全身の血流が良くなったからでしょう。

そして、回復力の強さは50台という若さによるものと思われます。

0 コメント