心の病のコーナー

 

 心の病は、時代背景もあって、ますます大きな広がりを見せています。

 そして、「病は気から」と言われますように、悩みが元で心身ともに健康を害するのが現代人の大きな特徴になっています。
  特に、これは日本人に顕著なものです。

 なぜでしょうか。

 それは、戦後から今日にかけて、日本人は、古い慣習から解き放たれ、余りにも急速に自由度が膨みすぎて、何もかも個人個人で決めねばならなくなり、それが重圧となって、果ては自分ではどうしていいのか判断できず、悩み込み、狂おしくもなったからでしょう。

 自由というもは、社会生活を営むにあたり、決して心を楽にしてくれるものではなく、孤独にさせ、自己判断を強要し、ストレスを溜めさせる以外の何物でもない、という性質を持ったものであることを認識しておく必要がありましょう。

 

 さて、悩みは尽きないものですが、この悩みにどう対処すればいいでしょうか。方法は2つありましょう。1つは、真正面から果敢に立ち向かい、「悩む力」を付けて打開していくという正面突破の方法です。もう1つは、悩みをいなす、悩みを悩みでないものに変えてしまう、といった「のれんに腕押し」法です。

 

 この正反対の2つの方法のいずれを採択するか、これも自由ですから、ますます悩みが増えてしまうのですが、いずれにしても、心に安らぎをもたらすには、しっかりとした自分独自の思想(これの選択も自由ですからまたまた大変ですが)を、確立せねばなりません。

 ここで自分独自の思想と言いましたが、それは哲学であったり、宗教であったり、スピリチュアルといった類のものであっても一向にかまわないでしょう。

 何か自分が信ずるに足るものを探し出し、それを拠り所として行動する、これしか心の安寧は得られないのではないでしょうか。

 

 そういう私自身にも確固たる思想はまだ確立していませんが、皆様方とともにその確立を目指すべく、幾つかの思想を紹介し、また、喫緊の課題への対処法などをアドバイスさせていただき、少しでも皆様に心の安らぎがもたらされることを願っております。 

 

心に安らぎを

 前文で書きましたことに関するものについては、ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」のカテゴリー「 心に安らぎを 」の中で何本か記事にしています。

 全部をご覧いただくには随分とお時間を取らせますので、主だった次の3本をお読みになってください。

悩まないで、何事にもひたすら「ありがとう」「愛してる」という言葉を投げかける 

心に安らぎを。「なんでも仙人」という“お助けマン”の声に耳を傾けませんか。ゆるみます。

ドンマイ、ドンマイ&ノープロブレム “腹立ち、怒り”の感情から逃れ、“嫌な、暗い気分を捨て去る方法

 

心に安らぎ・トイレ掃除 

 トイレをピカピカに掃除すると“べっぴんさん”になれる、という歌「トイレの神様」が2010年に大ヒットしましたが、これはまんざらウソではなさそうです。

 加えて、金銭的ご利益も生ずるという事例が数多くあります。

 それはそれとして、トイレ掃除を毎日行って便器をピカピカに磨き上げれば、心まで綺麗に洗われてしまい、大きな心の安らぎが訪れるのです。

 特に、鬱(うつ)病に効果が大きいです。また、がんの告知で気が滅入っている方にも効果的です。おすすめします。

 このテーマに関するものもブログ「薬屋のおやじのボヤキ」のカテゴリー「 心に安らぎ・トイレ掃除 」の中で何本か記事にしています。

 全部をご覧いただくにはお時間を取らせますので、次の記事をお読みになってください。 

不思議、不思議なトイレ掃除(その2):鬱病が治る!企業は増収増益!

 

  心の病からの脱却

 これに関しての方法論は、個人個人の性格からして千差万別となりましょう。

 よって、ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」のカテゴリー「 心の病からの脱却 」の中で何本か記事にしていますが、現段階では例示的に羅列するに留まっています。例えば、次の記事を載せていますので、参考になさってください。

鬱病は現代経済病。現れ方が景気変動と類似。変わらないのは実に立派な方が患うこと。 

向精神薬の断薬・減薬に伴う禁断症状その他心身のトラブルを減らす方法 

 

ストレス解消法

  これに関しての方法論も、個人個人の性格からして千差万別となりましょう。

 よって、ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」のカテゴリーストレス解消法の中で何本か記事にしていますが、現段階では例示的に羅列するに留まっています。例えば、次の記事を載せていますので、参考になさってください。

ストレスが溜まる言葉“ストレスを溜めないように” では、どうしたらストレスが抜けるのか

冷水浴(冷水シャワー)でストレス解消

 

笑い学実践講座

  心の病に陥ると、笑いを忘れてしまっています。

 毎日絶えず笑いを現していると、心の病が大改善されることでしょう。

 ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」のカテゴリー「 笑い学実践講座 」の中で何本か記事にしていますので、次の記事など参考になさってください。

笑う門には福来たる。何もかも笑い飛ばすアメリカインディアン・ラコタ族を見習いましょう。

 

参考にしていただきたサイト

 心の病に関して、何本か参考になるものを リンク集 に入れてありますので、ご覧ください。

 

付録:笑い話集

 私の友人のブログに投稿された中国発の笑い話の中から過去に秀作を選定したもので、お暇なときに覗いてみてください。けっこうドギツイ話が多く、お国柄が出ていて興味深いです。なお、回文物語は、私が編集したものです。

 ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」のカテゴリー「 今月の笑い話ベスト5&回文物語 」に収めています。

 その中から、ひとつ傑作をご覧あれ。

    *笑い話<チャイナ版>(過去編その2)

 

かなりの長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「心の病のコーナー」はここまでです。

 

記事掲載:2015.12.15

 

  このページ心の病のコーナーのトップへ 健康情報のトップへ HPのホーム