超肥満で心の病も。どうしたらいいでしょうか。

Q:女性(40台前半)身長は中ぐらい、体重100kg超

数年前に人工肛門を一時的に付け、今は閉鎖。

血圧は不安定で、高いときは170、脈圧(上と下の差)がかなり小さい。

心臓の辺りが痛み、朝、息苦しさで目が覚めることがある。

腸、膀胱にも不快感あり。

不安感や焦燥感で、何も手に付かないことあり。

健康のため10種類ほどサプリメントを飲んでいるが思わしくない。

ダイエットが重要なのは分かっているが、どうすれば健康になれるでしょうか。

(以上について詳細情報をいただきました。)

 

A女の場合、意識しているか無意識かにかかわらず、恒常的に強いストレスが掛かっているものと思われます。そのストレスを放出せんがために、毎日過食に走らせているに違いありません。その結果、大腸、血管、心臓、膀胱、そして精神まで病んできているわけです。

ストレスが抜けるとき、人は幸せを感ずるものです。

貴女の場合、ストレスを抜くために美味しい物を食べる、そうするとストレスが抜ける、そのとき幸せを感ずる、またストレスが溜まる、また食べる、幸せを感ずる、その繰り返しで肥満になり、体を壊し、精神を病む、というところまで来てしまっています。

 

さて、応急的に対処せねばならない事項が2つあります。

まず、不安感や焦燥感を訴えられていますが、これに効果的な漢方薬は「抑肝散」です。症状が出たとき早速お飲みください。倍量(2包)飲んでも問題ありません。

次に、朝の息苦しさを訴えられていますが、これは心臓に大きな負担がかかっていると思われますので、これに効果的な漢方薬は、とりあえずは「救心」です。お休み前に規定量をお飲みになってみてください。これと並行しておすすめしたいのが「丹参製剤」です。心臓の血管を掃除して血管をきれいにし、また、血流をグーンと良くしてくれます。

 

あと、お尋ねの件。

血圧は問題なし。精神的落ち込み・イライラ、そして肥満による動脈硬化で変動が大きいのでしょう。脈圧が小さいのもそれらが原因しているのでしょう。降圧剤はもってほかです。現在でも血流が悪いに決まっていますから、より悪くしてはなりません。

健康診断は無意味もいいとこです。健康な人を病人にするだけです。何か症状があって、それがどんな病気か、何に起因しているのかを判定するために補助的に取る手段と考えるべきものです。早期発見・早期治療は、健康な人に毒を盛ることと捉えて良いと思ったほうがいいです。

サプリメントはほとんどが不要なものばかりです。いったん全部止められるといいでしょう。必要なものは総合ミネラル剤だけです。

 

 

 

なお、整腸効果のあるものを幾つかお飲みですが、ファーストチョイスは医薬品の整腸剤です。例えばビオフェルミン。これに勝るものはありません。これに代えてしばらく様子見し、それでもダメなら整腸効果のある自然食品を足すという方向が一番でしょう。

ダイエットについては、食生活改善しかありません。旬の野菜を工夫して色々とたくさん食べることです。野菜だけで腹一杯にしてやろう、というくらいの気構えで取り組めばダイエットが少しは進むでしょう。

そして、ダイエットで肝腎なのは、少しずつゆっくり体重を減らしていくことです。最大1年間に10kg程度まででないでしょうか。

野菜重視にすれば1年目で、その程度は可能となりましょう。

2年目に朝食を抜くところまで持って行き、3年目に昼食も抜いた1日1食、4年目に1週間に1日断食、と進めれば、60kgになります。

 

さて、この世はまさに不条理。

政治家を筆頭に、マスコミ、官僚、大企業などなど、皆が保身と私利私欲を求め、国民のために、などということは、毛頭考えていません。こうした輩は、皆が皆、詐欺師であり、善良なる国民を騙し、苦しめるだけです。よって、医療・健康に関しても、厚生省・医師会は、さも正しいようにウソを言い、血圧の基準はカクカクシカジカでオーバーしたら降圧剤を飲まなきゃ死ぬぞ、などと脅してきます。

善良なる国民は、そうした輩の犠牲者で、その矛盾に気づくか気づかないにかかわらず、苦しめられる存在でしかありません。

そして、善良であればあるほど苦しめられます。なぜならば、先に例示した輩と同様に我が身の保身に走って自らも詐欺師になれば楽になれるのですが、善良なる人は悪の道には走れない精神の持ち主だからです。

よって、善良なる人は、不条理な社会であるがゆえに、その社会に順応できず、ストレスを抱えに抱え、心身ともに疲弊し、押しつぶされてしまうのです。

貴方はその典型的な善良なる人の一人です。相対的にではなく、絶対的に善良者なのです。自信を持ってください。自分を褒めてあげてください。自分は善良者なのだ、自分は偉い!

まずもって、心のスタンスをここに置き、自分の心身のことを考えてみましょう。

そこで、自分の心に適した社会環境に身を置く、そのためにはどうしたら良いかを考えねばなりません。

職場環境、家庭環境が重要な検討課題となりましょう。

より良い環境に変える、という解決法は精神的にかなり苦しいですから、今の環境から逃げる、という考えで一向にかまいません。

また、それらの全部を行う必要もありません。何事も一歩からです。

まずは、ほんの少し変えることから始めましょう。

より良い自分の世界づくりを目指して。

その行動、まずは小さな一歩の歩みだしができれば、随分と前向きな考え方ができるようになります。

すると、ストレスはグーンと減ります。もっとも、歩みだしに当たっては、一時的にものすごいストレスが掛かるでしょうが、半歩でも歩めば、ストレスはスコーンと抜けるでしょう。

貴女の場合、家庭内においても肩身の狭い思いをしておられ、それが元で落ち込むことになり、その脱却を図ろうとしてイライラも生ずる、その悪循環が起きています。

誰しも、そうなりましょう。これも、いい経験です。これからの人生の糧になります。どんな経験も全部が全部、糧になるのです。

でも、同じ経験を繰り返し繰り返し経験しても、倍の年数経験したから倍の糧になるということは期待できないでしょう。2割3割増の糧になるだけではないでしょうか。

そろそろ新たな経験を積む必要が有りましょう。

ここは冒険、冒険。失敗したっていいです。失敗したほうがより濃密な経験となり、より大きな糧となりますからね。

それと、仕事にしろ何にしろ兄弟姉妹のレベルに近づこうなどど考えないことです。

貴女の立場からすると、冒険のターゲットは随分と幅広いです。気楽にでき、いつでも辞められる仕事が一番です。そうした中から、これは面白い仕事だ、というものがきっと見つかることでしょう。そのためには、どんな仕事でも「面白さ探し」をなさるといいですよ。

これからの時代、給料の大小や肩書きで幸せを感ずることはなくなってきます。いかに仕事が充実しているか、というより「楽しい」かどうか、という価値判断に変わってきます。

そして、「楽しい」から「感謝する」、いつも「感謝する」、だから、いつも「ニコニコ笑顔」でいられる、そういう人生を送りたい、という価値判断への変化が起きるのです。

そこでは、他人との比較というものがなくなります。過去の自分、将来の自分との比較があるだけですし、過去は取り返すことができませんから、今日の自分と、よりよい明日の自分を考えるだけになります。

さあ、貴女も、大海へ、まずは小さな手こぎボートで小航海の旅へオール1本動かしましょう。

〇〇丸の大冒険の始まりー!!

未来は明るい。今日も太陽が東から登って明るくなったではないか。